会社ロゴ
Windows情報 Macintosh製品 体験版 ユーザーサポート ニュース オンラインストア

製品概要
特長・機能
動作環境
FAQ(よくある質問)
体験版
ライセンス価格・購入
導入事例
DocKIT for SharePoint 日本語版 特長・機能
 
主な機能・特長
インポートタスクマネージャー
DocKITでは、すべての作業を、タスク指向のインターフェースでタスクとして作成しタスクの履歴を保存管理します。また、タスクの設定の保存、また、手動操作によりオンデマンドでタスクの実行ができます。さらに、DocKITを使って実行されたすべての移行タスクを追跡できます。

タスクの自動化
コマンドライン(DOSプロンプト)からインポートタスクを実行することも出来ますので、目的に応じて、バッチ記述子ファイルを使用して、関連するメタデータと一緒にファイルやフォルダをインポートすることもできます。さらに、Windowsのスケジュールタスクを作成して、毎日、毎月、毎週など異なる時間間隔で定期的に自動実行させることが出来ます。

ドキュメントとメタデータプロパティをSharePointライブラリにインポート
DocKITのエクスプローラインターフェイスまたはバッチ記述子ファイルを使用して、ファイル共有からフォルダとファイルを、そのメタデータおよびファイルのアクセス許可と一緒にSharePointライブラリにインポートできます。DocKITは、外部ファイルに格納されたメタデータをドキュメントに関連付けることができます。これによって設定を確認しながら手作業でドキュメントに値を入力する負担を解消します。データベースやスプレッドシートまたはサードパーティ製アプリケーションに格納されたドキュメントのプロパティ(メタデータ)がある場合、この機能は非常に便利です。

メタデータファイルを使用して、SharePointライブラリ内のドキュメントにメタデータを割り当て
メタデータファイルで指定したフィールド値を使用してSharePointライブラリに存在するドキュメントへのドキュメントのメタデータプロパティを更新します。この機能は、ドキュメントやファイルの内容に影響を与えることなく、単独のドキュメントのメタデータを更新する際に極めて有用です。

SharePoint リストに、データやメタデータプロパティをインポート
バッチ記述子ファイル内の行エントリに基づいて、SharePointリスト内のリスト項目のインポート、更新(編集)と削除します。1つのバッチファイルで複数のSharePointリスト内にあるリスト項目を管理できます。 DocKITでは、メタデータとその関連の添付ファイルをSharePointリスト、例えば、タスク、予定表、連絡先、調査、フォーラム、掲示板、お知らせ、リンク、課題追跡とカスタムリストにインポートすることができます。また、既存のSharePointリスト項目のメタデータプロパティ(列の値)を更新や、SharePointリスト内の添付ファイルを含むアイテムを、削除することができます。

複数のライブラリ・リストへのインポート
DocKITは、SharePointサイト内の複数のライブラリ・リストに、同時に、ファイル・フォルダのインポートが可能です。

SharePoint リストのメタデータの管理

クイックメタデータ管理ツールを使用してDocKITのエクスプローラインターフェイスから、SharePointリスト項目の更新またはクリーンアップ(削除)が可能です。

NTFS アクセス許可を転送
NTFSフォルダ&ファイルのユーザー/グループアクセス権を、SharePointサイトの同等の権限レベルにマップ。 ADユーザー/グループのためのSharePointの役割を割り当て、コンテンツ移行時にそれぞれのフォルダとファイルにセキュリティ設定の適用が可能です。

ドキュメントのメタデータによるタグ付け
DocKITは、ソースコンテンツから、フォルダやドキュメントを、次の重要なプロパティと共に、SharePointライブラリにインポートします:
外部メタデータファイルに定義されたカスタムメタデータプロパティ(CSV/ TXT/ XLSX)
ファイルシステムの概要プロパティ- タイトル、サブタイトル、作成者、カテゴリ、キーワードとコメント
MS-Office書類の場合には、マネージャー、会社、最後に印刷した日付、最終保存日、リビジョン番号、バージョン、単語数その他の書類情報、オリジナル作成日&ソース文書の最終更新日、元のドキュメントの著者(作成者)と編集者(更新者)
NTFSフォルダ&ファイルセキュリティ定義

メタデータエクストラクター
Windowsからアクセス可能なファイルサーバーやファイル共有またはローカルドライブに存在するファイル/ドキュメントのリストのメタデータを生成します。さまざまなファイル形式のファイル概要プロパティとカスタムプロパティからメタデータを取り出します。Microsoft OfficeとPDFに関連付けられたドキュメントプロパティと、JPEG、PNG、GIF、BMP、TIFF、HTML、TXT、MSGなど、様々な種類のファイルのファイルプロパティを抽出することができます。この機能は、SharePointに移行する様々な場所にあるファイル共有の、フォルダ構造、ファイルリストを自動生成して、メタデータを取り出す際には、有用です。

ドキュメントプロパティをSharePoint 列にマップ
フォルダー&ファイルのメタデータプロパティを、SharePointビルトイン列または列マッピングテンプレートを使用してカスタムの列にマッピングします。

処理中のドキュメントやフォルダの名称変更
インポート処理の際、設定によって、複数の場所に存在するフォルダ/ドキュメントは、SharePointライブラリ内の複数のドキュメントのバージョンとして照合されて名称を変更されます。また、ファイルシステムで使用されているSharePointに不適切な名称は、適切な名前に変換されます。

フォルダとドキュメントのフィルタ
インポートに先立って、指定された特定のメタデータプロパティに基づいて、フォルダ/ドキュメントをフィルタ(絞込み)し、インポートします。また、ユーザーが定義した検索文に基づいて、SharePointライブラリ/リストに適合したデータやメタデータだけをインポートすることができます。

移行前の検証
実際のライブインポート中に発生するエラーを最小限にするため、実際のインポート処理を伴わない、ドライテストランを実行することによって、データを損なわずに、SharePointライブラリ/リストへのドキュメントおよびメタデータプロパティをインポートするタスク設定を検証することができます。

ドキュメントの再インポート
再インポートのボタンをクリックするだけで、最初のインポート実行で、インポートに失敗したフォルダとドキュメントだけを簡単に再インポートできます。

アクティビティステータスレポート
タスク完了後に、成功、エラー、警告、および無視された項目で分類された詳細なアクティビティログレポートを表示します。
 


会社概要  個人情報保護  サイトマップ
Copyright (C) 2015 FRONTLINE Inc. All Rights Reserved.